CATEGORY 歴史

【海音寺潮五郎徴用記 6】クアラルンプール駐在

引き続きクアラルンプール駐在当時の海音寺の行動を、「コーランポーの記」の記述内容を中心にみてみたい。 クアラルンプール暮らし 海音寺らは都合4度宿舎を移動しているが、最初はガーデン地区にあったもとイギリス人の住宅だった。…

【海音寺潮五郎徴用記 5】マレーの宣伝班

1月12日午前1時半に、第25軍司令部はクアラルンプールに入った。 海音寺自身、1月中旬にクアラルンプール入りしたと述べている。 一月の中旬、砲声を聞きながら入ってから今日まで動かないのだから、完全に九ヶ月、コーランポー…

【海音寺潮五郎徴用記 4】砲弾と左遷

上陸 12月27日午前9時、輸送船はシンゴラ沖に投錨する。午後2時下船し、ランチで陸地に到着。 船着場を降りると小高い丘があり、そこをのぼったところが碇泊場司令部だった。   一行はその前の並木の蔭で小休止を取…

【海音寺潮五郎徴用記 3】船上の文士たち

アフリカ丸 マレー・ビルマに派遣される徴用員が乗り込んだ「アフリカ丸」は、もとは南米航路の貨客船だったが、陸軍に徴収され、輸送船になった。 ここでもまた、マレー組とビルマ組の顕著な待遇差があった。マレー組の船室は、倉庫で…

【海音寺潮五郎徴用記 2】徴用・入営

徴用令書 徴用令書というものをとどけられ、いきなり本郷区役所へ集合を命じられ、身体検査をされたのだ。当面病気がないと見られたものは徴用と決定する。 (「戦争の横顔」寺崎浩) 海音寺は徴用令書が届いた日を「11月10日頃」…

【海音寺潮五郎徴用記 1】徴用時代年譜

以前のブログにまとめた記事をリライトして転記します。 歴史小説家・海音寺潮五郎の徴用時代を年譜にしてみました。 海音寺は徴用体験の詳細を著しておらず、随筆等でその一端が窺えるのみとなっています。 そこで、同時に徴用された…

【レポート】みつめる歴史 明治維新は水戸から始まった!@エンジン01オープニングシンポジウム(2017.02.17)

エンジン01文化戦略会議が2月17日から19日の三日間、水戸で行われました。 エンジン01は著名な講師・ゲストが地方で出前授業を行い、各地の文化の深まりと広がりを目指すボランティア集団です。今回の水戸でも150名を超える…