【海音寺潮五郎徴用記 1】徴用時代年譜




以前のブログにまとめた記事をリライトして転記します。

歴史小説家・海音寺潮五郎の徴用時代を年譜にしてみました。

海音寺は徴用体験の詳細を著しておらず、随筆等でその一端が窺えるのみとなっています。
そこで、同時に徴用された作家たちの記録から、海音寺がたどった道のりを推測しています。

年譜

昭和16年(1941年)
11月22日 徴用される。午前8時に大阪城集合。
11月27日 四天王寺参拝
11月29日 橿原神宮参拝
11月30日 湊川神社参拝
12月1日 午後2時、中部軍司令官からの訓示。明朝の出発を告げられる。一同乾杯。
12月2日 午前3時起床。5時朝食、9時半営舎出発。11時、天保山港から輸送船アフリカ丸出港。
12月8日 午前6時、香港沖海上にて、日・英米が交戦状態に入ったことを知らされる。
12月18日 サイゴン港着。ビルマ班はここで上陸。海音寺らマレー班は広々となった船内で酒盛りを始める。
12月19日 夕方、上陸許可命令がでる。毎日新聞支局へ行き、歓待を受ける。大阪出港以来、久々の風呂を楽しむ。
12月20日 海音寺、未明にサイゴン川に落ちるが、危ういところで救助される。少汽船に移乗。
12月22日 輸送船浅香山丸に移乗する。
12月24日 サイゴン港を出港する。
12月27日 タイ領シンゴラ上陸。トラックに乗車し、マレーへ向かう。
12月31日 マレー領タイピン到着。第25軍司令部の指揮下に入る。
昭和17年(1942年)
1月3日 夜、宣伝班が任務別に3班に分けられ、海音寺は資料班に配属。
1月中旬 クアラルンプール到着。海音寺はここに残ることを命ぜられる。宿舎はガーデン地区にあった。
1月下旬 マレー人の警官養成所であった建物へ宿舎を移動。
2月18日頃 イギリスの独身官吏のためのアパートだった建物へ宿舎移動。
7月初め クアラルンプールにおける最後の宿舎移動。
10月下旬 徴用満期が近いため、シンガポールへ集結する。
12月26日 日本帰国

 

 

【参考文献】
「コーランポーの記」「マライ華僑記」(以上、海音寺潮五郎)
「特別展 海音寺潮五郎」(鎌倉文学館)
「徴用中のこと」(井伏鱒二)
「戦争の横顔」(寺崎浩)
「南征雑稿」(小栗虫太郎)
「我ら戦へり」(佐山忠雄)
「昭和文学史」「新・日本文壇史」(川西政明)
「小栗虫太郎ワンダーランド」

 
次記事

【海音寺潮五郎徴用記 2】徴用・入営

2017.08.30

 
「コーランポーの記」は「帝国日本と台湾・南方 (コレクション 戦争×文学)」に収録されています


スポンサーリンク
スポンサーリンク