『姐極道 菩薩の龍子』を観たよ


Vシネマ『姐極道 菩薩の龍子』がAmazonが始めた「Amazon Prime Videoチャンネル」っていうサービスで観られるようになりました~!
わーいわーいヽ(^o^)丿

配信終了したようです……。(2018.11.16追記)

福田佳弘さん、高橋和興さん、萩野崇さん、といった俳優さんに見覚えがある方は今がチャンスですよ!

  1. 未DVD化作品なので、そもそも観る機会が少ない作品
  2. 無料で見放題

というメリットがあるからなんです。

とはいえ、タイトルからして不穏じゃないですか。
怖い顔した人がたくさん出てきたり、暴力&エロスな内容なんでしょう? って思うでしょ?

はい、そのとおり!

私も普段は、激走戦隊カーレンジャーのようなファンタジー世界や感情を歌に乗せるミュージカル世界に生きている、いわば頭の中がお花畑な人間ですよ。

そんな私からみると、登場人物のほとんど全員が私の知らない理屈で生きててまるで異世界ですわ。
まぁ違った意味でのファンタジーもあるんやなっていう感想。

そんな世界観なんだけど、福田さん演ずる滝沢だけが妙にリアリティがあって、勝手に滝沢の半生を想像して気の毒で切なくなりました。福田さん目当てで観ると後味の悪いノンフィクションのような印象が残る映画です。

私はそういうの好きなんですけど、そうでなくても福田さん好きな人には面白く観れると思います!

あと、和興さん演ずる殺し屋がほとんど人の心を無くしていて狂気を感じるくらいなので、「この役が福田さんだったら、どんなふうに演じてたんだろ?」って思いながら観てました~~

福田さんの役は?

暴のつく組織、三村組の一員です。チンピラです。
見た目がカズレーザーっぽいなって思ったんだけど、よく見るとペンギンズのノブオのほうが近いね。要するに金髪+柄シャツです。

最初、声低めにしてるし兄貴的立場なのかな? というファースト・インプレッションでしたが、すぐ印象ひっくり返るよ。
眼の前で起きた惨劇に、驚きと恐怖で醜態を晒す滝沢。腰抜け演技が上手い笑

肩で風きって歩いていても極道に染まりきれていない、人間性を感じます。
自分でも「助けようとしたけど怖くて逃げた」って言っちゃうし。
自分がヤクザだと思っていたら「怖くて」なんて格好悪くて絶対でない言葉だと思うんだけど、滝沢言っちゃうんだよなー。
根が正直でいいヤツなんでしょうね。

姐さんも「クニへお帰り。あんたにはこの稼業は荷が重いよ」って諭す。私も同意見です。
ただ、滝沢には帰るところがない。

逃げた滝沢が組事務所で殴られて破門になる、メインストーリーとはほぼ関係ないシーンなんだけど、滝沢中心に見ているととても切なくなってしまいました。

滝沢には家族や友人や自分の居場所って呼べるところがないまま、三村組に拾われたんだろうなっていうのが分かるから。
自分を認めてくれたコミュニティから追放されるって、滝沢がどんだけ傷ついたことでしょうか。

泣いていいよ滝沢~~私もいっしょに泣くよぉぉ!

居場所が無い滝沢がどこへ行くのかと思ったら……なんと敵対する組織、黒崎組の事務所!
滝沢、マジ滝沢……。足洗いなよ滝沢ぁ!

なんて滝沢への感情移入が熱を帯びてきたところで、三村組の若頭・中山が組長の仇を取りに単独で黒崎組に乗り込んでくるのです。
もちろん滝沢もその場にいるわけで、どうするのかと思ったら中山と目を合わせないようにして俯いてるの。
やっぱり足洗いなよ滝沢ぁ……!!!

敵対する組はまずいと思ったのか(もしくは居心地が悪かったのか)、三村組に戻させてほしいと頼みに行くわけです。
反省の証に自分で指を詰めていくっていうところにも、滝沢の真面目さが出てます。

三村組に戻れて、やっと滝沢の笑顔が見れたと思ったらすぐに殺されちゃうの!!
死んじゃうシーンは大げさで(いつもの福田節)ちょっとコントみたいで、あんまり悲しくはないのが救いと言えば救い。

滝沢の人生って……

でもさー、この物語世界のなかでは誰も滝沢のことを悲しまないのかなって思ったら、急に悲しくなってきた。
組にしか居場所が見つけられなくて、その組からも一度は放逐されて、ほんのちょっぴり明るさが兆したなっていう瞬間に幕が下りる人生って……。あんまりだ。

ただ、現実には似たり寄ったりの人生を歩む人間だっているんですよね。
石井光太さんのノンフィクションに滝沢も出てきそうだなって思いました。それくらい、滝沢の人物像にリアリティを感じます。

子どもを愛しているのに殺してしまう親はなぜ生まれるのか? 「鬼畜」の家(石井光太)

2017.03.28

『姐極道 菩薩の龍子』を無料で観るには?

福田さん演じる滝沢に思い入れたっぷりでほぼ用を成さないレビューだったんですけど、メインストーリーの復讐譚にカタルシスを覚える人は面白く観れると思います!

今は亡き名優、安岡力也や高松英郎が出演していて全体的に安定感があって見やすかった。
暴力&エロスはレーティングが無いくらいなんで、割とマイルドだと思います。

そんな『姐極道 菩薩の龍子』が、アマゾンプライムの特典プライムビデオ+Amazon Prime Videoチャンネルの「VパラTVプラス」で観れましたが、現在は配信終了しているようです。